勉強

受験生必見!『勉強法まとめ』

こんばんは。臨床検査技師”ゆう”です。

国家試験やあらゆる受験生が焦ってしまう時期になってきました。

大体の受験生は既に勉強をやり始めている(遅くても夏頃から)と思いますが、まだやっていない方もこの時期はまだギリギリ間に合うラストチャンスの時期でもあります。

ただラストチャンスといっても、1回書いただけで覚えてしまうスーパーサイヤ人ではない限り、普通の勉強法では中々追いつくことが難しいため、この時期から勉強を始める人は効率の良い勉強をするしかないのです。

そして今回は 効率の悪い勉強方法 と 効率の良い勉強方法 をまとめてみました。

効率の悪い勉強法

①手の込んだことをして自己満足

「暗記カード」の画像検索結果

暗記カードを作ることやノートまとめは悪いことではありませんが、それを作って満足している自分はいませんか?

作業をする中で内容が頭に入る場合もありますが、大体の場合は、作業自体が目的になってしまい知識が頭の中に入ってこない可能性があります。労力と時間ばかりが使うため、集中力も低下して学習の内容が身につきません。

また知識が入ってきていても、アウトプット(問題演習)が足りないと実践力がつかず知識も定着しづらいです。

インプット(記憶)した後は、必ずアウトプットを行い、覚えたことがどういうときに使われているかを理解しながら勉強を進めていきましょう。

②一回覚えてそのあと満足して復習しない

「暗記パン」の画像検索結果

ドラえもんの道具で ”暗記パン” という秘密道具があり、そのパンに覚えたい箇所をコピーして食べるとコピーしたところが全部記憶できる誰もが羨ましくなるものです。

しかし完全無欠と思われる道具にも欠点があります。

その欠点とは、便や嘔吐で排泄されると覚えたことを全部忘れてしまいます。

これは現実にも同じようなことがいえます。人間の脳で覚えた情報は20分後に42%、1時間後に56%、1日後に74%、1週間後に77%、1カ月後に79%が忘れてしまうそうです。

忘れないためにも反復練習することによって、徐々に脳へと記憶が定着するようになり忘れにくくなるので、必ず行いましょう。

③問題を解きっぱなしにする

「わからない」の画像検索結果

問題演習をして間違えた問題やわからない箇所があったときに、なぜ間違えたか、どこがわからなかったかを解決しないままにしている人はNGです。

理解できていない部分がそのままになり、いつまでも同じところでつまずくことになるため効率が悪くなってしまいます。

間違えた問題やわからない箇所は、解説を読んだり学校などで質問したりして、もう一度自力で解けるようにすることが成長への第一歩です。

効率の良い勉強法

①アウトプットは朝、インプットは夜 がオススメ

「朝 夜」の画像検索結果

勉強時間を増やすことが何よりも大切ですが、より学習効率を高めたいのならば、「記憶の特徴」を知っておくのがいいと思います。

は、目が覚めて脳も身体も元気な状態で疲労がないため、問題を解いたりする分野のアウトプットをオススメします。受験科目では、数学・国語・英語などがオススメです。

は、身体が疲れていなくても脳は相当疲れているため、あまりエネルギーを使わない記憶分野のインプットをオススメします。また、睡眠で脳が整理されるため、夜に覚えたことはより脳に定着しやすくなります。受験科目では、理科・社会などがオススメです。

②時間配分は最大90分まで

「タイマー90分」の画像検索結果「タイマー90分」の画像検索結果

人間の集中力の限界は最大でも90分と言われているので、タイマーで90分に設定して勉強することをオススメします。。

またタイマーを設定することによって、限られた時間の中でやらないといけないという自分へのルールができ、時間を有効活用できるメリットもあります。

勉強する順番も、インプット(90分)→アウトプット(90分)→インプット(90分)→・・・・ と交互に勉強することで脳への疲労やストレスが軽減されると言われています。

③書くだけではなく、声に出すことも大事

「勉強」の画像検索結果「話す」の画像検索結果

今まで、親に「勉強するときは何度も書いて覚えなさい」と教えられてきましたが、それは半分間違えていると思います。

確かに受験は筆記のため、答案を書けない正解が貰えないですが、将来のコミュニケーション能力(誰かに説明できるようにする)をつけるためには書くだけではもったいないと思います。

また、人間は五感(視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚)によって脳に伝わって記憶していきます。書くだけ(視覚)より声に出す(聴覚)方が覚えれる確率がアップします。

まとめ

今回は、悪い勉強法と良い勉強法をそれぞれ3選ずつピックアップしてきましたが、一番大事なことは”習慣化”することだと思います。

歯を磨く・風呂に入る といった仕草は、別に全然しなくても生きていくことができますが、それでも毎日やっています。それは面倒くさいながらも今まで習慣としてやってきたためだからです。

勉強も同じように毎日習慣化すれば 歯磨きや風呂のようにやらないと居ても立っても居られない状態になると思いますので、少しでもいいので習慣化するように頑張りましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. お金

    無駄遣いを無くそう!『節約するための10のコツ』
  2. 旅行

    日本一の大絶叫が大集合!『富士急ハイランド』
  3. 臨床検査技師

    面接内容(臨床検査技師編)
  4. 旅行

    犬好き必見!「わんわん動物園」
  5. 臨床検査技師

    自分の職業説明『臨床検査技師について』
PAGE TOP