裏技

知りたくなってしまう『ビッくらポンの当て方』

今日は久々に地元の”くら寿司”で夕食を食べに行きました。”くら寿司”といえば、無添加の100円回転すしチェーンのお店となっており、どこの店舗もいつも繁盛しているイメージがあります。

”くら寿司”はラーメン・うどん・カレーライスなどお寿司以外の物も注文でき、寿司のネタも、魚介類以外の物もあるため((例)エビ天寿司・牛しゃぶポン酢寿司・とり天寿司・サラダ巻き など)、刺身が食べれない自分も気軽に立ち寄ることができ、子供たちにも大人気の店です。

また、”くら寿司”の人気の理由として ”ビッくらポン”と呼ばれる大人や子供も楽しめるゲームがあることだと思います。

そこで今回は”ビッくらポン”について書いていきます。

ビッくらポンとは?

 

①皿カウンターに皿5枚を入れる度にタッチ画面がゲーム画面に変わります。

関連画像関連画像

 

②ゲームに勝てば、オリジナルの景品が貰えます。

関連画像

ゲーム内容は3種類ほどあり、どのゲームになるかはランダムに出現し、連続で負けることもあります。

 

③景品内容

関連画像関連画像

アニメとのコラボ期間中であれば、アニメグッズを手に入れることができ、コラボ期間外であれば”くら寿司”オリジナルのストラップを貰うことができます。

どちらも「500個に1個しか当たらない激レア」が存在するため、ついワクワクして当たった景品をみてしまいます。

ビッくらポンの裏技!?

ここで知りたいのが”ビッくらポン”を当てる裏技ですが、確証がないため全ては謎に包まれています。

しかし、あらゆる情報説があるためそちらを簡単に紹介したいと思います。

 

①当たる確率は!?

当たりの確率は「1/4」の可能性が高いと言われています。

その理由としては、くら寿司の”ビッくらポン”のゲームがない一部店舗の対応として、「2000円で1回ガチャが引けるサービス」があるそうです。単純計算で「2000円=20皿」となり、ゲームが4回できることになります。

そのため、”ビッくらポン”の確率もそのくらいであるという情報があります。

ちなみに僕が”くら寿司”に行った際に大体15皿を食べてゲームを3回しますが、結構な確率で1回は”あたり”が出ている気がします。

 

②カウンター席が当たりやすい!?

カウンター席は1人席のため、食べる枚数も少なめになります。

そのため、確率設定が「1/2~1/3」と高いのではないかという説があります。

 

③1回目と2回連続では当たらない!?

これもネット情報でいわれていますが、自分も思い返してみると、1回目と2回連続で当たった経験がありません。

また、会計後に設定がリセットされているという説があるため、1回目では当たらないようになっているという噂があります。

 

④オススメ品を食べると当たる!?

「キャンペーンの品を食べると当たる」「大トロを食べると当たる」などの書き込みがよくみられています。

皿を投入するだけでは、何を食べたのかわからないため、注文履歴とガチャが連動している設定なのかもしれないという噂があります。

 

⑤期間によって確率変動!?

ビッくらポンは、基本的にお子様向けに作られたシステムです。(中には、グッズを集めている大人もいるかもしれませんが・・)

そのためファミリー層が多い、春休み・GW・夏休み・冬休み・土日祝日 などの方が当たる確率が高いという説があります。

 

⑥お皿の数字に秘密がある!?

dsc_0917.jpg関連画像

寿司のお皿の中心部に 漢数字の1~9まで、「○:通称ゼロ」「無添」「くらピラミッド」などが描かれています。

これが当たりと関係しているのではないかという説があります。

・5枚の数字の和によって確率が変わる

・5枚の数字や柄が同じなら当たる

といった皿に関する様々な説が多数あります。

まとめ

今回、”ビッくらポン”にまつわる説を書きましたが、あくまで噂なので確証ではないので予めご了承下さい。

ただ、5枚食べてゲームをするだけではなく、少し意識してみてゲームするだけで面白さが増すと思うので、「説立証できるのか?」と大人の楽しみ方をするのもいいかもしれませんね。

また今回は”ビッくらポン”をメインで話してしまいましたが、メインのお寿司も美味しくいただいて、刺身が食べれない自分も2000円でおなか一杯食べることができました。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. マインドセット

    人生を楽しむ!『夢を持つメリット』
  2. ランキング

    『国民1万人が選ぶアイスランキングBEST30』
  3. ランキング

    現実世界にも欲しい『ドラえもんのひみつ道具ランキング』
  4. 社会

    今年も気になる『2018年度新語・流行語大賞』
  5. まとめシリーズ

    一度は目にしたことがある!『小学生時代』
PAGE TOP