社会

深刻な社会問題!『あおり運転 対処法』

こんばんは。”臨床検査技師ゆう”です。

近年では、東名高速道路の”あおり運転”による交通事故から取り締まりが強化されるようになりましたが、毎朝の通勤中に、”あおり運転とも思えるような悪質運転を結構な頻度で目の当たりにしており、一向に減少傾向がみられてません。

自分自身も一度、あおり運転をされた際に本当に後ろばかりを気にして、視点が前に集中できなくなるので如何に危険なのかがよくわかり、決して他人事ではないと思います。

そこで今回は”あおり運転”の対処法や対策法についてまとめてみました。

あおり運転とは?

前方を走行する車に対して、進路を譲るように強要をする行為を主とし、「車間距離を狭める・追い回し・無理な割込み後の急ブレーキ・ハイビーム・パッシング・クラクション・罵声・幅寄せ」などによって相手を威嚇や嫌がらせをする行為が挙げられます。

罰則は?

道路交通法26条 ”車間距離不保持” の道路交通法違反にあたります。違反した場合は、以下の罰則が科せられます。

□高速道路の場合

・3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金
・1万円、1万5千円、2万円の反則金
・違反点数2点

□一般道路の場合

・5万円以下の罰金
・6千円、8千円、1万円の反則金
・違反点数1点
・一般道での違反:5万円以下の罰金

そして、あおり運転によって相手にケガをあたえてしまった場合はさらに厳罰化されます。

・負傷事故で最長15年以下の懲役
・死亡事故で最長20年以下の懲役(場合により最長30年以下にも!)
・違反点数45~62点、免許取り消し、欠格期間5~8年の行政処分

対策法

・ドライブレコーダーの設置

「ドライブレコーダ」の画像検索結果

ドライブレコーダーの設置は一番効果絶大だと思います。

”あおり運転”をする人の心理として、”匿名性”があるからです。

匿名性は、同じ自動車の車種や色が存在する現代社会で、個人を特定されることがない・逃げてしまえばわからないという心理が働いて自制を失う要因となります。

ドライブレコーダーを設置することで、顔や車のナンバープレートが記録されるとなると「こういうことをやればバレるからやめておこう」と考える人が多いはずです。

そのため、ドライブレコーダー設置は抑止力になります。

ドライブレコーダーがつけれない場合の対処法

①”ドライブレコーダー録画中”のステッカーを後ろに貼る

「あおりステッカー 後方」の画像検索結果

人間の心理状態として、匿名性だと安心しますが、特定されることを恐れるため、記録しているという威嚇はかなり効果的だと思います。

②”赤ちゃんが乗っています”のステッカーを後ろに貼る

「ベビー 乗ってます」の画像検索結果

”あおり運転”をする人は、車に乗っているとちょっとした幅寄せなどでは事故らず、ケガをしないだろうという”変な安心感”があるみたいです。

”赤ちゃんが乗っています”というステッカーを貼ることにより、少しでも優しい気持ちがあるのであれば、「赤ちゃんはちょっとした振動や衝撃でも危険だ」という考えになるはずなので、防止できると思います。

③携帯で動画撮影

これは、同乗者が乗っている場合のみ行ってください。

運転中の携帯電話使用も道路交通法違反になりますので、絶対にしないでください。

運転者だけの場合は、一度どこかに停車して、110番に電話をしましょう。そして、相手の車種とナンバープレートをメモして、それも警察に伝えましょう。

相手がこっちに来た場合

必ずカギをロックして、動画撮影で証拠映像を残して警察に提出しましょう。

このような相手は高速道路などの危険な場所でも平気で停車してこっちに来るくらい興奮状態で、何をしてくるかわからないので、絶対に外に出たり、窓を開けたりしないでください。

まとめ

あおり運転についての対処法についてはいかがでしたしょうか?

あおり運転は、する方もされる方にもメリットが全くありません。する方は心に余裕がなく、される方は嫌な気持ちにしかならないからです。

トラブルや重大な事故にもつながる”あおり運転”は百害あって一利なしなので、前方の車が遅くても、絶対にあおらず、いつも時間に余裕を持って行動しましょう。

また、全てのドライバーが譲り合いの心を持って、安全運転を心がけることが大切なのです。

関連記事

  1. 社会

    平成も残りわずか!『新元号予想』

    こんばんは。臨床検査技師”ゆう”です。今更ですが、平成の時…

  2. 社会

    今年も気になる『2018年度新語・流行語大賞』

    こんばんは。”臨床検査技師ゆう”です。今年もあと3カ月で2…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 社会

    平成も残りわずか!『新元号予想』
  2. まとめシリーズ

    一度は目にしたことがある!『小学生時代』
  3. 旅行

    日本一の大絶叫が大集合!『富士急ハイランド』
  4. まとめシリーズ

    一度は体験したくなる!『スポーツの秋』
  5. 社会

    今年も気になる『2018年度新語・流行語大賞』
PAGE TOP